フォローする

子どもの食事は先行投資

雑観

少し前になりますが、比較認知発達科学を研究される脳科学者・明和政子先生の講座『脳と心の育て方』に参加させていただきました。

わたしが受け取ったポイントをいくつかシェアします。

□講座の中で一番響いた言葉【生涯にわたる心身の健康は、子ども期に作られる】

□前半は脳科学的で聞き慣れない単語も多かったのですが、後半は【腸内細菌】のことでした。まさか、脳科学の先生から腸内細菌の話を聞けるとは思っていなかったので、味噌・ぬか漬け・塩糀など発酵物を手作りしている私にとっては、とても嬉しい時間でした。

□【腸ー脳相関】免疫・ホルモン・自律神経と腸内細菌叢は密に関連している

□個人の【腸内細菌叢】の原型は、3〜5歳に作られる

共働き家庭が多くなり、家事に使う時間はなるべく少なくしたい風潮になっています。

でも、小さい時に腸内細菌叢をしっかり作っておくと、やっぱり病気をしにくいです。病気に時間を割かれることが少ないです。食事を作ることは先行投資になると思います。

今までも、離乳食教室でお出汁とお味噌汁の美味しさを発見してもらい、味噌作りやぬか床WSで発酵食品と仲良くなり、旬の食材を味わう料理教室を開催してきました。これからも、わたしのモットーである「手間をかけずに手を抜かない」料理を通じて、心身健康な子育てができるお手伝いをしていきたいと思いました。

明和政子研究室HP https://myowa.educ.kyoto-u.ac.jp/

第4回「就学前のこどもの育ちに係る基本的な指針」に関する有識者懇談会 資料2

友だち追加
スケジュールやイベントの優先予約・ちょこっとメニューを月に2回お届けしています。
LINE公式まだの方はぜひお友達登録お願いします♪
ここちえのきLINE公式