ここちえのき とは

以前「ここちよい暮らしの知恵」というタイトルで講座を開催していました。略して「ここちえ」家とか木とか場所とかどっしりしたものを足してみたら?とアドバイスを受けて「ここちえのき」となりました。
わたしがお伝えしたいことは、昔から一貫して「暮らしの知恵」です。別の言い方をすると「家事スキル」

一人暮らしの許可の出ない実家だったので、一人暮らしを経験することなく結婚しました。やってみたら家事は苦じゃなかった。家事が楽しくて何時間でも出来るのではなく、いかに手間をかけずに結果を出すか工夫をするのが楽しかった。わたしの家事のコンセプト「手間をかけずに手を抜かない」になっていきました。

一人娘を出産した助産院からお声をかけて頂き、2005年より妊娠期の食事指導・子育て教室・離乳食教室の講師及びスタッフとなる。
年々フルタイムで仕事を続ける方が増え、家事をゆっくりと習得する時間がないまま出産・育児をスタートし、日々の食事作りや家族の健康管理に不安を抱える方々から相談を受けることが多くなりました。
産後や育休中に家事スキルが上達すると、職場復帰をしてからの家族の体調管理が上手くいき、子どもに家事を伝承しやすくなります。《家事が楽になって子どもに伝えられる》そんな講座を企画しています。

料理講座と離乳食講座のアンケートで、たくさん頂く言葉は「ハードルが下がりました!!」わたしにはとても嬉しいお言葉です。

家族に安心安全な食事を用意したいと思っている人、家事を苦手・難しいと思っている人に《手間をかけずに手を抜かない》一生モノの《家事スキル=暮らしの知恵》をお伝えします。

【主宰】 
はたともみ
 助産院スタッフ・産前産後クラス担当
 NPO法人umiのいえ講師
 子育て支援員
 バレエ衣装作家
 住育リビングアドバイザー

≪プロフィール≫
子供のころから「作ること」が好き。欲しいサイズに作れることと、完成した時の達成感がたまらなく好き。図書館で借りる本は、読書とは縁遠いお菓子や手芸の本ばかり。中学生の頃にはデザイナーになると決め、専門学校を経てデザイナーとなる。

2001年 横浜市泉区豊倉助産院で一人娘を出産。
2005年 助産院の調理スタッフとなる
2006年 子育て教室を同僚助産師と立ち上げ、以後講師として多数の母子と関わる
2007年 友人がスタートした「Umiのいえ」にて講座を担当
2008年 子育て教室に参加したママたちのリクエストにより横浜市泉区にて料理教室スタート。1年間11回×3年=33レシピあり、現在5周目
2010年 須永和尚の陰陽料理教室を共催、陰陽料理を学ぶ(2015年終了)
2020年 コロナ禍で社会が停滞ムードの中、何か新しいことを始めると決める。毎年手作りして配るとみんな喜んでくれる手作りこんにゃくにしよう!工場製品とは全く違う食味のこんにゃくを多くの人に味わってもらうために、保健所の許可をクリアして#まるはたこんにゃくスタート

【ここちえのき】
《理念》
 日本の風土に根ざした家事の知恵の伝承
《ビジョン》
 あるものでどうにかする力を養う
《ミッションステートメント》
 ・自らの手で作る
 ・作ることの豊かさを伝える
 ・旬を大切にする
 ・季節の行事と行事食をとりいれる
 ・本質を考える
 ・考えて選ぶ
 ・自分が行動することで地球に悪影響を与えていないか気にかける
 ~これらを行う姿を子どもに見せる
《コンセプト》
 手間をかけずに手を抜かない

【活動内容・講座の企画運営】
 ・ままめいどお料理クラス/全33講座
 ・ここちよい暮らしの知恵講座/全17講座
 ・針仕事教室
 ・離乳食講座 2021年参加者ー約120名
  講師のご依頼も承っていますお問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました