何十年ぶり?のお菓子

歳時記

先日「何才からお料理作ってましたか?結婚して必要に迫られてお料理をする人がほとんどだと思うのですけど。」と聞かれて、まじまじと考えてみました。

わたし小説を読めるようになったのは、産後。それ以前は実用書、ファッションの学生だった頃はファッション誌、子どもの頃に図書館で借りていたのはお料理の本とか手芸の本(つまり実用書^^;)

小学校高学年の頃から気に入ったレシピを書いたノートは今も手元にあります。でも、料理の好みが変わったから今では全く開きません。(ちなみに、お手伝いは大嫌い。部分だけをやらされるのが嫌。作るなら全部一人で作りたい子でした。)

雑誌にちょこっと載っているレシピって割りと作りやすくて好きでした。

中学生の頃かな〜雑誌Lemon(懐かしい笑)かなにかのバレンタイン特集に載っていたケーキはよく作りました。

25年〜30年ぶりに焼いてみました。今回は大きく焼いたけれど、当時は小さなアルミ型で量産して、バレンタインに配っていました。懐かしいなぁ。

お料理を作った一番古い記憶は、家庭訪問の時に苺ババロアを弟の担任に作ったこと。だから、小学校3年生くらいかなぁ。これも雑誌のレシピだったと思う。

結局は興味があったのでしょうね(^^)

タイトルとURLをコピーしました